拝啓、るるかです

雑記ブログ→英語、フランス語、日々あるある、たまに真夜中の悩み事。

【英語で人生を変えた】510時間のオンライン英会話でGAFAの面接を突破した実話

こんにちは、るるか(@tsukiruruka)です🌙

 

私は元々、インテリアショップの平凡な社員でした。

 

毎日、店舗で早朝から夜中まで立ってて、家に帰る頃には足がパンパン。

 

棚卸しの時期になると徹夜、祝日と年末年始は繁忙期で休めない。

 

本店在籍でしたが全国の各店舗に出張があり、私の休みの日は全部、移動時間に消えました。

 

自分で予約したホテルで暮らす毎日でした。(東横インにかなりお世話になりました)

 

それでも給料は手取り19万円...

 

それが当たり前だと思って働き続けて、ある日ホテルで心臓の動悸が止まらなくなり、身体を崩して退職しました。

 

その後、社会保険の仕組みを知らず、無職のまま貯金で暮らしました。(住宅確保給付金、失業保険にお世話になれば良かった) 

 

るるかの経歴

大学卒業>インテリアショップ店員>外資企業(契約・正社員)>GAFA

 

 今回の記事では、オンライン英会話を活用して、GAFAの面接を受けるまでの話をします。

 

自分の人生が少し楽になった、希望が持てたストーリーです。

  

「もう人生が嫌で投げ出したい」「本気で人生を変えたい」方におすすめの内容です☺️

諦めきれなかったものに手を出した

f:id:tsukiruruka:20200812204529j:image

私はインテリアショップを退職して無職の期間に考えた事は「私が本当にダメな人間だ。」と言う事です。

 

仕事も短い年数で辞めて、身体も壊して、人生終わってるなと思ってました。

 

一人暮らしで実家の名古屋に戻る、引っ越すお金もない。

 

貯金も底を尽き、年金、住民税も滞納するぐらい追い詰められました。(退職後、区役所、ハローワークに行くと知らなかった)

 

健康保険も切り替えてないので病院にも行ってない、完全な無知でした。

 

名古屋の実家に戻る為に、タウンワークに載ってた外資企業に契約社員(アルバイト)を始めました。

 

座り仕事でのデータ入力だったので、心や体の負担も少なくて回復期間になりました。

 

この無職、契約社員の期間は自分の時間がたくさん持てたので、自分にスキルを付けたくて英語を真剣に勉強しました。

 

また、名古屋に引っ越すのと同時に名古屋支社にも移動ができました。

 

名古屋支社に移動して数ヶ月後、私の直属の上司が退職して、そのポジションを受け継ぐ事になり正社員になりました。

 

途中で夜勤がメインの勤務になります。

 

夜中、会社に人がいないので、手が空くと英語の本を持ち込んで勉強をしてました...💦

 

自分の時間がたくさん持てたので色んな勉強をする事ができました。

 

色んな勉強をした結果、私は続けられた勉強、英語に全ての時間を費やしました。

 

消去法で英語が残っただけでした。

 

そして、英語の習得だけは諦めきれなかった。

一度、勉強計画を立てたら信じてやってみる

f:id:tsukiruruka:20200812205418j:image

私が英語の勉強の時間で割いたものは英会話とTOEICの勉強です。

 

結論から言うと、GAFA入社に役に立ったのは英会話の方です。

 

「私が入社したGAFA2社の人事面接でTOEICは700点あれば十分。」

 

「入社して上司からも700点で十分。」

 

私はTOEIC860点で面接を受けたのですが、どれだけ本人が話せるかが一番重要と教わりました。(部署によって必要スコアも違うと思いますが)

 

なので転職をメインで考えてる方なら、英会話の勉強を優先させてから実力確認でTOEICを受けてった方が効率がいいと思います。

 

英会話の勉強を中心に続ければTOEIC700点は自然と取れるようになると思います。

 

www.rururka.com

 

私は英会話の勉強でオンライン英会話を利用しました☺️

 

「合わなかったら止めよう」

 

そんな軽い気持ちでDMM英会話の無料体験を利用しました。

 

日本語を話せるフィリピン人の先生を選んで無料で2回受けてみました。

 

マンツーマンで英会話を教えてもらえたので、自分の表現したい英語を直接教えてもらう事ができました。

 

私はちょうど英語で日記を書いてたので、

 

「英語日記を話す練習の場」にオンライン英会話を利用しようと思いました。 

 

英語日記>オンライン英会話で英語日記に書いたことを言ってみる>英語日記>....

 

このサイクルなら英会話能力が伸びると仮説を立てました。

 

私の英会話のたくさん挫折から学んだ事は、勉強方法は実際に本人が試してみないと分からないです。

 

空き時間に英語で日記を書いて、1レッスン(25分)を受ける。

 

とにかく、一度計画を立てたら信じてやってみる。ダメなら別の勉強法を探すつもりでした。

映画、ショーシャンクの空のように脱獄の為に地道に続ける

f:id:tsukiruruka:20200812210226j:image

オンライン英会話では英語日記に書いた事を言ってみると、先生が話を広げてくれました。

 

自分の気持ちを英語で表現する時、本当に気持ちがスカッとしました。

 

私は途中で英会話の実力が伸びてきてると思い、ここが英会話の正念場だと思いました。

 

話が聞き取れるようになり、英語で自分の気持ちが表現できるようになり、この英会話能力を定着させたいと思いました。

 

定着させる為にレッスンを毎日3コースに変更しました。

 

英語を英語で考える状態にするのための時間でした。

 

*********

定着するのには時間がかかりました。

f:id:tsukiruruka:20200816152752j:image

 

結果、オンライン英会話の勉強時間はトータルで30750分、510時間ぐらい費やしました。

 

英語日記>オンライン英会話のサイクルは本当に私の英会話の能力を伸ばしてくれました。

 

ショーシャンクの空の主人公は脱獄の為にずっと部屋の壁を削り続けてました。

 

ずっと地道に諦めずに希望を持って削り続けました。

続けるための具体的な方法

f:id:tsukiruruka:20200813202733j:image

私は複数の先生の授業を受けて、お気に入りのフィリピンの3人の先生の授業を中心にしました。

 

3人の先生は授業を取った順に書くと、

 

  1. とても穏やかで、いつも私の話を聞いてくれた先生
  2. フレンドリーでからかい合える先生
  3. 笑い上戸で何を言っても笑ってる先生

 

1番の先生は本当に穏やかで話を遮らないのでずっと自分が話せました。

 

日記に書いた話したい事は全部言う事ができました。

 

そして相槌がうまくて聞き上手。

 

話し終えた後でチャットボックスで正しい英語に直してもらいました。 

 

2番目の先生はアニメ好きで部屋にアニメのポスターをたくさん貼ってた女の子でした。

 

授業をたくさん取り仲良くなると、先生が私をからかってきました。

 

オタク同士の言い合いに発展して、英語で互いにからかって笑い合えました。

 

3番目の先生は笑い上戸で、私の英語日記のネタを楽しみにしれくれました。

 

英語でネタを話してて、英会話が初めて出来る感覚を掴めました。

 

伝わって理解してもらって笑ってもらう。

 

それが私の英会話のスタートだったと思います。 

 

*********

英会話は1年後には流暢に話せれるようになりました。

 

3人の先生以外にも、度胸をつけるため白人の先生や色んな国の先生の授業を取りました。

 

旅行に行った国の先生や興味にある世界中の国の先生と会話を毎日しました。

 

自分の性格・興味に合った先生を選んでたので勉強だと思わず続けられました。

 

発音にうるさかったり、自分の主張が強い先生は挫折の原因になると思ったので、2度目の授業は取らないようにしました。

続けたら世の中からの評価が変わった

f:id:tsukiruruka:20200813202740j:image

諦めたくなかった英語を続けた結果として、転職での選択肢はかなり増えてました。

 

英語が企業や転職市場で評価されたからです。

 

英会話ができれば、外資の転職エージェントとやりとりする事ができました。

 

英語日記を書いてたので英語で履歴書、職業履歴書、エッセーを書くのにも抵抗がありませんでした。

 

私は自分がどこまで評価されるのか興味があり、いくつかの外資を受けました。

 

最初に受けた外資企業booking.comではシンガポールからの電話での面接でした。

 

うまく表現できず落ちてます...💦

 

英語での面接を受かる為に利用したのがDMM英会話のネイティブプランです。

行きたい外資企業の本社の地域に住んでるネイティブの先生の授業を取る

f:id:tsukiruruka:20200813221532j:image

ネイティブプランで行きたいGAFAの企業に近い地域に住んでる先生を選びました。

 

情報収集と面接の練習の為でした。

 

私はサンフランシスコの先生を選びました。(私がどの会社の社員かは言えませんが...)

 

サンフランシスコのネイティブだとアジア系アメリカ人がとても多いです。

 

同じアジア人の見た目の先生だと、とても親しみが持てました。 

 

そして現地の情報や友人でGAFAの社員がいないかを徹底的に聞きました。

 

聞くと本場の情報を手に入れる事ができました。空港から本社への行き方など、生の情報が手に入り実感を持てました。

 

そして面接の情報を集めて、リアルに近い面接のRPG(ロールプレイング)をひたすら繰り返しました。

GAFAの英語面接を突破した方法

f:id:tsukiruruka:20200813221709j:image

ネイティブの先生との面接のRPG(ロールプレイング)とは自分が早口で話してるのが良くないと指摘を受けました。

 

  • ともかく、ゆっくり話す事。 
  • 話の抑揚のつけ方。
  • アピールしたいポイントで力強く話す。

 

海外のプレゼンテーションの真似みたいでした。

 

また、面接官が話してるときの適切な相槌・笑顔のポイントを抑えました。

 

ネイティブの先生とRPGを繰り返してたので、相手がGAFAの面接官でも自分の思いは全て伝えれました。

www.rururka.com

 

結果、行きたかったGAFAに入社できました。

 

何度もあった英語での面接を乗り越えれました。

 

ソフトスキル、英会話能力この2つで何とかなりました。

 

以上がオンライン英会話を活用して、GAFAの面接を受けるまでの話です。

 

どん底の状態から、少しは誇りを持って生きられるようになりました。

 

人生を少しでも変えたいなら、諦めきれない事を始めるのは最良の選択だったと思います。

 

「英語とフランス語の習得」や「転職の挑戦」は私の諦めきれなかった事です。

 

なので何度も挑戦を続けられました。

 

続けてたら自分の想像以上にうれしい結果がきました。

 

もし英語習得が諦めきれないものだったら、とにかくやってみる事をおすすめします。

 

やって続けれたら力になる、諦められるならそこまで自分が欲したモノでないと判断がつきます。

 

明日、将来の時間が今回の記事で少しでも楽になったらうれしいです☺️