拝啓、るるかです

語学、日々あるある、真夜中の悩み事、アイスブレイク。

【英語の勉強を始めたい人に読んで欲しい】挫折しない英語の勉強の始め方

暗中模索、るるかです☀️

 

英語の本やブログ、ありとあらゆるところで、英語の勉強方法が載ってます。

 

私は英語を始めたいのに、最初は何から勉強すればいいのか分からなかったです...

 

たくさんの道があります。ルー大柴さんから英語を学ぶのも1つの道です

 

私は、英語の力が伸びるのって、その人の性格や経済状況次第だと思います。

 

続けられるかどうかが問題になるからです。

 

私は外資GAFAでの就業経験があり、TOEIC860点あります。そんなに褒められたスコアではない

 

私は友達に英語の勉強の始め方を頻繁に聞かれます。

 

その人の性格や状況によって返答を完全に変えてきました。

 

その時の回答が皆さんの英語の勉強へのスタートに役立てばと思います。

 

 今回の記事は、「英語を始めてみたい」「何から勉強を始めればいいか分からない」「現在、勉強をしてるが、いまいち実感がない」方におすすめの内容です。

 

自分の性格に合った勉強方法が見つかれば、うれしいです😊

 

 

独学で勉強したい人、学校に通いたくない人は「独学でTOEIC600点を目指そう!」

f:id:tsukiruruka:20200530122446j:image

TOEICは年に10回も試験があり、ほぼ毎月、自分の英語力をチェックする事ができます。

 

そして、世界中の学校や企業が評価してくれます。

 

私が大学で初めて受けた時のスコアは、300点でした。

 

そこから、私は独学で企業の採用基準を満たす為に、TOEICの勉強をスタートさせました。

 

2ヶ月後の試験で、580点。

 

その次の月で、目標だった600点を超えて630点にしました。

 

600点を超えると、英語力の基礎ができてました。

 

この基礎力があって始めて、英語力がゼロから1の状態になり、英語の勉強がとても楽になってました。

 

解説で分からない箇所に会い、それを調べるのに必要な時間が減ったからです。

 

*********

 

そして、私は企業の採用基準を満たしたかったので、TOEICの勉強を続けました。

 

目標の860点を達成するのに通算2年は費やしました。

 

TOEICで600点を超えて気付いたこと

f:id:tsukiruruka:20200530204429j:image

私はTOEICの英語勉強以外にも、

  • ビジネス英会話。
  • 英語での履歴書(CV)、エッセー作成。
  • 洋楽、字幕なしで映画、海外のニュース、海外のサイト鑑賞。
  • 英会話、SNSで外国人と情報交換。
  • スラングの勉強。

を勉強しました。

 

*********

 

振り返るとTOEIC学習での基礎力、630点がなかったら、いずれの学習も難しかったです。

 

f:id:tsukiruruka:20200530145857j:image

 

f:id:tsukiruruka:20200530150207j:image

 

*********

 

基礎から応用に入る、自分のやりたい好きな英語を勉強する為には、TOEICで600点を超えることは必要不可欠でした。

 

私が独学でTOEICの勉強をするのに参考にした本

f:id:tsukiruruka:20200530212336j:image

私がTOEICの勉強方法を参考にしたのは、杉村太郎さんの【新TOEIC(R)テスト900点 新TOEFL(R)テスト100点への王道】です。

 

著者は経営者として、とても寝る時間もない忙しい状態で、ハーバード大学のMBA取得の為に短期間でTOEICを900点以上にしました。

 

彼の英語の勉強の学習方法や精神が全部詰まってます。

 

この1冊の言う通りにやれば、3ヶ月の独学でTOEIC600は超えられます。

 

著者は原発不明癌の状態で、読者の英語の上達を本当に考えて命懸けでこの本を書いたと著者の奥さんの本にも書いてありました。

 

本当に真剣に読者のことを考えて作られた本です。

 

この本は、私が色んな本を手に取った中で一番、具体的に何を勉強すればいいかが全部載ってます。

 

一から十まで全部、TOEICでハイスコアを取るための、手順が全部載ってます。

 

私は著書の言う通りにやりました。

 

結果、3ヶ月の短期間で一気に英語の基礎ができました。

 

TOEICや英語の試験は時間が経つにつれて、試験の形式が変わりますが、英語の精神は変わりません。

 

この一冊通りにやれば、英語の最良のスタートになり、英語の基礎ができます。

 

英語の勉強に出費は惜しまない!!短期留学してもいいぐらい奮発できる人は、「ALCの通信教育を始めよう!」

f:id:tsukiruruka:20200530191531j:image

私はTOEIC600点代から700点代するまでにとても伸び悩みました。

 

英語の基礎ができて、英会話ができるようになったし、英語でエッセーも書けるようになってたのですが、TOEICの点数がイマイチ伸びない。

 

そこで活用したのが、英語学習・TOEIC対策・英辞郎 on the WEB | アルクです。

 

アルクでは、TOEIC® LISTENING AND READING TEST 完全攻略900点コース

CD版 70,400円を選びました。

 

その当時の収入では簡単に手の出せる金額でなかったです。

 

東南アジアの英語圏への短期留学したと思って、通信講座をカードで12分割払いで買いました。

 

そして、アルクの勉強を始めると簡単に700点台を超えて860点に達成しました。

 

70,400円の価値があると、私は身をもって経験しました。

 

自分の英語の実力を出し切る事ができたからです。

 

英語を日本で考えるのでなくて、英語をそのまま英語で考えられるようになりました。(あとは自分オリジナルのテクニック)

 

目指せスコアアップ! TOEIC(R)春割キャンペーンのご案内

 

何より大事なのが英語を学ぶ上で、英語の背景を知る事ができた事。

 

英語には地域、階層によって発音もイントネーションが違う事など、英語の雑学を知れば英語の仕組みも分かってきました。

 

選んだ通信教育通りにやれば、そのまま伸び悩まずに自分の目的が達成される。

 

目的達成したら、次の通信講座を選べばどんどん英語力がついていく。

 

さらに、アルクのサイトを見れば、英語の勉強の仕方が分かってきます。

 

ただ、継続して出費が積み重なっていくので勇気がいります。

 

以上が私のオススメする英語の勉強の始め方です。

 

TOEIC600点をまず目指す。

 

杉村太郎さんの本通りにやっても、TOEICは600点を超えれます。

 

アルクの通信教育でも達成できます。

 

他の方法もあると思いますが、スタート。始めるにはこの2つが私のオススメです。

 

本人のやる気があれば、こつこつと目の前の問題をこなせばTOEIC600点まで達成してるからです。

 

今回の記事が少しでも、皆さんに役に立てば、うれしいです😊