拝啓、るるかです

語学、日々あるある、真夜中の悩み事、アイスブレイク。

ゼロから始めて独学で3ヶ月で仏検3級に合格する方法

熱鼻喉にルルが効く、るるかです。

 

私はフランス語を始めて1年後に仏検3級を受けて合格しました🇫🇷

 

「いきなり自慢かよ」

 

もしくは、

 

「1年もかかって馬鹿かよ」

 

そう思われても仕方ないです…🌙(ドヨーン…)

 

とにかく💦

 

結果は、1年の学習時間は約150時間、取得点数は85点でした。

 

振り返ると、得点源さえ抑えれば、たった3ヶ月で仏検3級に合格ができる事が分かりました。

 

今回は、フランス語が上達すると言うより、完全に資格を取得する事だけに特化した内容です。

 

完全な点とり虫のやり方を案内します🐞
 

今回の記事は、

  • とにかく急ぎで仏検3級に合格したい人
  • 就活、転職などのために、資格を手に入れたい人
  • ゼロから始めて独学だけで合格したい人

に読んで欲しい内容です。

 

時間がないと悩んでたら、ぜひ読んでみてくださいね🙂Bon courage❗️

 

仏検3級合格に必要な時間は150−200時間

f:id:tsukiruruka:20200523113240j:image

 学習時間150ー200時間あれば十分だと思います。

 

3ヶ月間、毎日2時間をすれば合格ができるという事です。

 

毎日2時間だけ、フランス語を勉強する時間を用意する。

 

ここがポイントです。

 

仏検の公式ホームページでも、仏検3級の必要学習時間は200時間と書かれてます。 

 

仏検3級は60点を取れれば合格

f:id:tsukiruruka:20200523132221j:image

例年の合格基準点は60点。

 

この60点を取れれば、実際のフランス語能力と関係なく合格。

 

仏検3級には得点源があります。

 

仏検の特徴は、大問毎に難易度の差が激しいという事です。

 

つまり、難易度の低いところで大量に正解して合格点60点を手に入れればいいのです。

 

合格する為に必要な教材

f:id:tsukiruruka:20200523132237j:image

前の記事で紹介した教材2冊も含めてあります。

 

入門レベルから始める文法の本として、

 

ケータイ「万能」フランス語文法 ¥1760円

 

仏検3級を合格する為の基礎作りに、

 

教えて仏検先生3級 ¥2200円


仏検3級の実際の問題を見るのに、

 

3級仏検公式ガイドブック過去3年分(過去問3冊)¥2530円×3


合計 5冊だけです。直近3年分でも、過去のいずれかの3年分で構いません❗️

 

仏検3級の問題

過去問を見て仏検3級の得点源を最初に知る。

 

過去問題サンプル | 仏検のAPEF/公益財団法人フランス語教育振興協会で過去問をサッと読みます。


仏検3級の問題構成は筆記試験で9問題で70点

 

聞き取り試験が3問題で30点


筆記試験、聞き取り試験は両方とも、マークシートと筆記です。

 

合格する為の得点源の紹介

f:id:tsukiruruka:20200523171111j:image

時間のない人用に、先に得点源を案内します。

 

筆記試験①ー⑨問題のうち、

①、③、④、⑥、⑧、⑨


聞き取り試験①ー③問題のうち、

②です。

 

得点源は56点もあります。

 

詳細は👀

 

筆記試験

①慣用表現問題。問題数4。配点8。筆記

③代名詞問題。問題数4。
配点8。マークシート

④前置詞問題。問題数4。配点8。マークシート

⑥応答問題。問題数4。配点8。マークシート

⑧文章の内容一致問題。問題数6。
配点6。マークシート

⑨会話文読解。問題数4。
配点8。マークシート



聞き取り試験

②絵を選ぶ問題。問題数5。配点10。マークシート

 

案内した問題と配点だけ確認してくれると助かります。

 

マークシート方式の問題と簡単な筆記問題で大量に得点を狙います❗️

 

ズッキューンと狙い撃ちです❗️

 

ここで得点源を全部正解すれば56点

 

確実に合格です。

 

最低でも48点は手に入れば合格するはずです。

 

まず、得点源を確実に抑えないと、仏検3級の合格は難しいです。

 

得点源を知って、勉強するのとしないのでは大変な差ができます。

 

私の場合、動詞の活用ばかり勉強してたのですが、仏検3級には活用の問題の配点は少ししかありませんでした。

 

動詞の活用暗記はとても時間がかかります💦

 

時間がない場合、仏検3級合格には必要以上の勉強になってしまいます。

 

次回、具体的な勉強方法を案内します。