拝啓、るるかです

雑記ブログ→英語、フランス語、日々あるある、たまに真夜中の悩み事。

英語の勉強が嫌い、やる気がない、トラウマのある人が勉強を始めれるきっかけ作り

こんにちは、るるかです☺️

 

英語の勉強の始め方を以前、書きました。

 

ただ中には、

「やる気がしない」

「気力もない」

「勉強もしたくない」

 

けれども、英語が必要て人もたくさんいると思います

 

具体的には、

 

英語ができるようになりたいけど、目の前の忙しさで気力がない。

英語へのトラウマで勉強への意欲、やる気がしない。

・『勉強なんて嫌い!!』と、楽して英語を身につけたい。

 

これ、わたしも結構当てはまりました...💦

  

最初に英語への強いやる気がないと、英語の勉強は難しいです。

 

海外旅行に行って強い刺激を受ければ、やる気にはなると思います。

 

強い刺激が英語勉強のエネルギー源になります。

 

*********

 

でも、なかなか、海外旅行に行ってまで英語の勉強のきっかけは作りたくない...!

 

今回、そんな場合に役に立つ情報を案内したいと思います。

 

出会いを求めて、チャットルームや英会話カフェに飛び込む

f:id:tsukiruruka:20200531110648j:image

チャットルームは、大学や語学校に設けられてるもので、英会話講師が一人、生徒が複数。自由に会話できる部屋です。

 

私の大学なら、異性との出会い目的で、たくさんの男子生徒が真面目に通ってました。

 

彼らからしたら、かわいい女の子と英語を名目に話せて、近寄る事ができるチャンスでした。逆も然りです。

 

語学校でも、たくさんの職種の人達と知り合ういい社交の場です。

 

英語を勉強するのではなくて、出会いを求めて通う。

 

そして3ヶ月も通い続ければ、英語の耳ができます。

 

チャットルームでは、周りの日本人が前のめりに英語を話してて強い刺激を受けます。

 

分からない場面にあっても、どう英語を表現すればいいか教えてくれる生徒と知り合えるはずです。

 

自然と英語学習のためのモチベーション、きっかけが出来あがってます。

 

英会話カフェで外国人の友達を作る 

f:id:tsukiruruka:20200531110742j:plain

英会話カフェはカフェで英語を話す店員さんと仲良くお話ができます。

 

Google  Mapsで英会話カフェと調べるだけでたくさん近くのカフェが出てきます。

 

ネットカフェと時間のシステムはあまり変わらないと思います。

 

外国人が店員のカフェでくつろぐ感覚です。

 

会話を楽しめれるようになり、もっと話したいと思ったら、英語の勉強のきっかけが出来あがってます。

 

オンライン英会話で話し相手をひたすら探す

f:id:tsukiruruka:20200531110705j:image

現在、複数のオンライン英会話があります。

 

私はDMM英会話しかやった事がないので、DMM英会話の話をします。

 

DMM英会話では、講師の国、年齢など詳しく選ぶ事ができます。

 

*********

まずは、お気に入り講師を見つけます。日本語会話可能な講師を選びます。

 

英語の勉強ではなくて、このお気に入り講師に会うというのを目的にすれば英語が嫌でなくなります。

 

現在は日本人講師も豊富で、英語で有名な一流大学の生徒が講師でもいます。

 

話したいなって、相手を探すだけでいいです。

 

私の場合は、フィリピン人講師のとにかく聞き上手な先生、冗談を聞いてくれる先生だけを選びました。

 

話しててストレス発散をしたかったからです。

 

ふと、話し相手が欲しいなって思ったら、初回の無料レッスンを受けてみる。

 

事前に自分の英語力を伝えられるので、講師は生徒の英語力を把握して授業がされます。

 

会話をするためにも、フリーコンバーセーション(自由会話)をリクエストします。

 

そして会話が楽しめたら、同じ講師の授業をとります。他にもお気に入りの講師を見つけて授業をとる。それだけで英語の勉強のきっかけになります。

日本語を話せない外国人講師と話す時の魔法の言葉

f:id:tsukiruruka:20200531115311j:image

チャットルームや英会話カフェは日本語が話せない外国人講師と話すかもしれない...

 

そんな心配な方のために、魔法の3言葉をプレゼントします。

 

******

 

1、カリスマ翻訳者、関谷英里子さんの本、「えいごのつぼ」に載ってた言葉で、

 

「Aーha(アーハ)」

 

この「Aーha(アーハ)」に感情を込めるだけで、簡単なコミュニケーションが取れます。

 

あいづちになります。

 

******

 

2、質問されたら、

 

「How can I say it?」

 

「何だかなあ。」と言って、質問に答える時間を稼ぎます。

 

私は言いたいことがあるが、何て表現するばいいか思いつかない。うーん。ってニュアンスです。

 

******

 

3、素直に分からない事は質問します、

 

「What does 〇〇 mean?」

 

「〇〇は何て意味ですか?」

 

その場で質問して教えてもらったら、頭の中にずっと、残ります。

 

この3つの言葉を繰り返せば、話される英語を吸収する事ができます。

 

今回、勉強が嫌い、やる気がない、トラウマのある人の英語の勉強のきっかけを案内しました。

 

強い刺激や欲は勉強へのモチベーションに繋がります。

 

私は無気力状態が長かった人間です。

 

でも、「何もしないよりはましだろう」と小さなチャレンジはたくさんしてきました。

 

その経験が少しでも役に立てば、うれしいです😊